気づかれにくい症状のひとつで社交的な態度を取れる

明るいのでわかりにくい

医者

運動も取り組むこと

昔は曖昧模糊な病気として診断がされなかった症状があり、その中にはうつ病などの精神疾患は代表される病気になるといえます。今では医療分野でも精神的な病気の定義を広げていることもあり、そういった診断から見られる早期発見が治療をやりやすくしています。うつ病では微笑み鬱というものがあり、ライフスタイルを確立しながらも実際には抑うつ症状を抱えていて、それでいて人前では微笑んで過ごしている人のことを言います。心療内科ではカウンセリングをベースにしながら、患者がどのようなライフスタイルを送っているのか、また生活環境の変化がおこっているのかを判断します。診断されることによって自覚をすることができますし、治療をしながら治していくことができるようであれば、ポジティブになることも可能です。こういった微笑み鬱では腰痛や肩こりをもっている人も多く、睡眠時間が短くなっていて眠れないという症状になっている人もいます。治療には環境の変化を優先させたりすることもあり、腰痛や肩こりがある人ではマッサージをやってもらって心地よい気分になってもらうことも一つの方法です。眠れない人の場合には極力ライフスタイルではスケジュールを管理するようにして、積極的に運動をすることでも治療効果があることもわかっています。汗を流すような運動をして毛細血管から血流を改善することで、溜まっている疲労物質が体内から出ていくことで睡眠時間を長くすることができます。運動効果を実感することで幸せホルモンが出てくるので、定期的にカウンセリングを受けながら運動療法の成果を報告することです。

微笑み鬱の厄介なところは、人には明るく振舞って一人でいる時には幸せを感じなくなり、ネガティブになってしまうことです。こうなってしまうと考えた通りにならない予測不能で気まぐれなことで行動することができなくなり、臨機応変なことができなくなると仕事や人間関係でも崩れてしまいます。他人を異常に気にしてしまうことからも、相手から嫌われないようにという気持ちが強くなってしまい、嫌なことでも引き受けてしまいストレスを受けて悪化するケースもあります。そういったケースからわかるように潜伏している期間が長い微笑み鬱もありますので、短期的なものから長期にわたって治療をしなくてはいけないことも多いです。家族が微笑み鬱を発見する場合には、やはりニコニコしている感じが怒るような出来事があっても、我慢している可能性があるときに疑ってみることがあります。そういった場合には、心療内科などのクリニックに連れていきカウンセリングで症状が出ているのかを診断してもらうと、治療をすることができます。努力家で負けず嫌いがかかるケースが多いので、努力は認めてあげるが頑張ることだけではないことも理解をすることや、負けず嫌いは「負けるが勝ち」の精神もあることを教えてあげることです。人生は長い自分との闘いともいえますので、ズルくても悪くてもうまく世の中を渡りきるくらいの気構えをもっていくことは大切になります。カウンセリングなどでは人生哲学のような話を聞くことで、新しい生き方として微笑み鬱との決別をする人もいるので、治療をすることは優先されることです。

Copyright© 2020 気づかれにくい症状のひとつで社交的な態度を取れる All Rights Reserved.